6月22日にSDL Trados GroupShare 2015 Serverの累積アップグレードのCumulative Update 4がリリースされています。

更新内容

今回CU3までの更新に加えてCU4で追加された更新内容は、

  • Resolved an issue in WebUI where left/right arrows in dialogs were leading to scrollbar not working
  • Resolved an issue so that all import options are now available in WebUI
  • Resolved incorrect API Documentation for PUT and POST management-api-1.0-Users
  • Resolved an issue when publishing Packages through REST API including reference material
  • Implemented performance improvements for larger implementations
  • Resolved an issue with special characters in the project name leading to link in E-Mail notification not working
  • Resolved and issue where MultiTerm Online exports were not using the correct file extension
  • Resolved an error in MultiTerm Admin when user did not have dbcreator permission on database
  • Resolved and issue with large termbase layouts leading to termbases not being loaded anymore

CU4のインストーラーと詳しい内容は、
http://gateway.sdl.com/apex/communityknowledge?articleName=Cumulative-Updates-and-Service-Releases-for-SDL-GroupShare-2015にありますので、読んでください。

インストール

インストールはCU3までと同様、実行ファイルをダブルクリックするとSDLのサービスを自動的に停止し、アップデート後はサービスを自動的に開始します。

インストール後は、GroupShare ServerのWebにアクセスするとVersion 4.0.4318.4 となります。

GS2015CU4

なお、Cumulative Updateのインストールはユーザー自身が行うことができますし、難しくはありません。ただし、この記事を読んでインストールの結果問題が生じた場合の責任は負いかねますので、ご了承ください。

(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です