tmx2tmw
お久しぶりです。トランジェンのHです。今回はTrados用に作成したツールをご紹介します。

Trados2014はTrados2007のtmxをインポートする機能があります。しかしTrados以外の翻訳支援ソフトから書き出したtmxなどは、タグがテキストとしてインポートされてしまうなどといった問題が起こることがあります。

それを解消するためには一度Trados2007のWorkbenchで読み込んでから、そのプロジェクト(tmw)をTrados2014にインポートすればOKです (もちろんプロジェクトから書き出したtmxをインポートしても可)。しかしこの方法は手作業で行うと時間がかかります。
原文と訳文の言語を指定してTMのファイル名を決めてTmxを読み込んでworkbenchを閉じる…。結構長いですよね。

そのような場合にこの処理を全自動で行うツールがあれば便利です。それがtmx2tmwです。
複数のtmxファイルからtmwを(自動で原文と訳文の言語をあわせて)一括で作成します。起動から終了まで全自動です。指定するのはtmxファイルだけで、これもドラッグ&ドロップするだけです。

tmxの形式は1.4と1.4bに対応しています。

ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

Trados用のツールを作成しました tmx2tmw
Tagged on: